PPTとは 毛髪は、表面の毛表皮(キューティクル)、続いて毛髪の約50%を締めている毛皮質(コルテックス)、中心部の毛髄質(メデュラ)の三層から成り立っています。 その主成分(80~90%)がケラチンというタンパク質で、残りが天然保湿因子、脂質、微量元素、水分です。 毛髪に自己治癒力はなく、外的損傷・質的損傷が複雑に絡み合って、生えたその日からダメージに向かっていきます。 髪本来の美しさや艶やかさを補い、求めるスタイルへと導くためには、損傷したケラチンを修復しなければなりません。そこでPPTの登場となるのですが、そもそも、このPPTとは一体何なのでしょうか? タンパク質はペプチドが、ペプチドはアミノ酸が多数鎖状に結合したものです。アミノ酸とアミノ酸の結合をペプチド結合といい、2個のアミノ酸を結合した化合物をジペプチド、3個ならトリペプチド、4個ならテトラペプチド、5個をペンタペプチド、多数ならポリペプチドといいます。 この「ポリペプチド(Polypeptide)」の略語が、「PPT」です。 つまり、ケラチンの損傷した部分にポリペプチドを塗布し、ペプチド結合させて損傷部分を補う目的で使用するのがPPTというわけです。

美容技術の中でダメージ毛の処理に欠かせないのが「PPT」といわれる髪と同じ組成のタンパク質です。髪の失われた成分を与えることで、補修・修復させるのです。サロンでカラー・パーマの前処理、トリートメントとしても使用されているPPT業務用をホームケアとしてデビューさせました。 アミノミックスPPTは、痛んだ髪にハリ・コシを与え、スタイリングしやすい土台作りには欠かせない本格的な修復剤です。