<髪は疎水である>

健康な髪はたえず空気中の水分を吸収・放出して髪の水分量11~14%を維持しています。
このような機能を持っている状態の髪を「疎水である」といいます。
髪がダメージして疎水から外れると親水化し、過剰に水を吸うようになったり、逆に乾燥したり、パサパサになってしまいます。
また、髪が水を5~6%ぐらいしか保持できない状態になることを撥水化といい、たとえばストレートパーマやデジタルパーマ後に髪が硬くなり、静電気で髪が広がります。
髪が疎水の状態であると、サラサラしっとりの状態になり、ツヤの向上など髪素材の美しさを保つことができます。

健康的な毛髪の表面は、バリア構造の存在に よって水を弾く性質(疎水性)があります。

コーミングや紫外線などの日常ダメージに加えてヘア カラーやパーマなどによって深刻なダメージを受け、毛 髪表面の大切なバリア構造が壊れていると、髪は親水 化し、さらなるダメージを受けやすいダメージスパイラル に陥ってしまいます。

 

 

<ダメージケアの基本は等電点と髪密度・疎水>

PH4.5~5.5、これを等電点といい、髪がもっとも引き締まり、プラスやマイナスの電荷がもっとも少なく、安定した水分量を保つための必須条件です。 この等電点から外れると髪の膨潤度が増し、水を吸いやすい親水・給水状態のダメージ毛となり、水分保持力が失われてしまいます。 髪を安定した等電点に戻すためには、疎水結合だけでなく、イオン結合・水素結合も±0(疎水状態)に近づけなくてはなりません。 そして、膨潤した髪の内部密度を高め疎水化し、引き締める必要があります。

<アミノミックスPPTプロの疎水化による効果>

ダメージケアの基本、髪密度を高め等電点に引き締め、疎水化することにより

・カラーの色持ちが良くなる
・ウエーブの持ちが良くなる

・ストレートが湿気でよれない
・トリートメントの持ちが良くなる

また、紫外線・枝毛や切れ毛、乾燥・摩擦などによるダメージの要因からキューティクルを保護し、ツヤの向上など、髪の素材の本来の美しさを保つことができます。