女性の薄毛・抜け毛について

 

薄毛や抜け毛といった髪の悩みは、男性特有のものだと思っていませんか?

 

実は、薄毛で悩んでいる女性は推定600万人と言われていて、男性は500万~1000万人いるとも言われているんです。

 

日本の女性人口は約6400万人なので、女性の1/10が薄毛や脱毛など髪の症状に悩んでいることになります。

 

男性の脱毛の場合は額の生え際があがってきたり、頭頂部だけが薄くなってきたりと目で見て変化に気付きやすいのですが、女性の場合は髪の毛全体がだんだん薄くなるので体調からの脱毛なのか遺伝からきた薄毛なのか区別がつきにくいです。

 

女性の薄毛の特徴のひとつとして、極端なダイエットや誤ったヘアケアなどが薄毛に繋がるパターンが多く見られます。

 

月に3キロ以上減量すると毛が抜けるといわれているので、急激に痩せるのは体への影響だけではなく髪の毛へも影響してくるので注意が必要です。

 

ダイエットによる抜け毛は、ダイエットにより体に十分な栄養がなく、髪にも栄養が行き渡らなくなるのが原因です。

 

また、美意識が高いばかりに必要以上にシャンプーをしすぎるのも原因のひとつと言われています。

 

シャンプーで洗うと汚れはキレイに落ちるのですが、シャンプー剤の選び方や洗髪方法によっては髪や頭皮を痛めることもあります。

 

よくテレビコマーシャルなどで放送されている大手メーカーのシャンプーの中には必要な皮脂までごっそり洗い流すタイプがあります。

 

洗い立てはサッパリしているように感じるそうですが、必要以上に皮脂を流してしまうのも髪が弱ってしまう原因となります。

 

これらの影響が気になる方は、育毛シャンプー等に変えてみてはいかがでしょうか。

 

 

女性の抜け毛は、男性よりも育毛効果が出やすいと言われています。

 

女性の薄毛 女性の場合は、男性に比べて遺伝や男性ホルモンの影響を受けにくいため、生活習慣の改善や育毛剤の使用で髪が生えてくる人が多いそうです。

 

男性と違うもう1つのポイントは男性は髪が抜けて禿げてしまいますが、女性は髪の毛が細くなりはするものの、長さはある程度保たれる点です。

 

女性は年齢に関係なく改善しやすい傾向があるので、生活習慣・シャンプーの見直し・育毛剤の使用を検討してみるのも1つの方法です。