シャンプー後の「冷水」は、キューティクルを引き締め、頭皮環境を改善してくれます!!!

 

 

シャンプー時には、頭皮の毛穴をしっかり開いて行う必要があるため、

 

熱すぎない38度のお湯でシャンプーのすすぎやヘアパックのすすぎまで行います。


最終段階の一歩手前までのすすぎは通常のお湯で行い、しっかりとシャンプーやトリートメントなどを落とします。

 

しっかり落とせていないとトラブルにつながりますから注意が必要です。

 

最後のすすぎを、18度程度の冷水で行いましょう。

 

冷水ですすぐことにより、頭皮や髪のキューティクルの引き締め効果が期待できます。

 

すすぎ終わった頃には頭皮の血行がよくなってポカポカしてきます。

 

頭皮の血行促進のおかげで髪の毛の11本まで栄養成分が行き届き、ツヤやハリ、コシのあるきれいな髪になれますよ。

 

温まった頭皮を冷水で冷やすことで、逆に血行を促す効果があります。

 

血行がよくなると頭皮全体の新陳代謝が活性化し、抜け毛の予防や育毛促進につながります。

 

皮脂成分の過剰な分泌が抑えられるため、髪のベタつきやにおいに対しての効果も期待できます。

 

血行が促進されることで頭皮が柔らかくなり、髪に栄養が届きやすくなります。

 

地肌が健康になることで元気な髪が生える土壌ができ、結果として抜け毛予防や育毛の促進につながります。

寒い日が続きますが、体がしっかり温まった状態でチャレンジしてみてください。

 

お風呂上がりの髪はしっかり乾かしてくださいね。

 

この時のドライヤーの温度も髪が熱くなりすぎないように乾かして、最後に全体を「冷風」で引き締めるように!!

 

毎日の髪のお手入れの「習慣」で「美しい髪」へ