髪の痛みが気になる方の多くはトリートメント・ヘアパックを使用していると思います。

トリートメント・ヘアパックは、シャンプーをした後の髪の毛のごわつきを抑え、なめらかにするメリットがあります。

洗髪後のケアはトリートメント・ヘアパックだけでも十分ですが、リンス・コンディショナーと一緒に使用する場合はトリートメント・ヘアパックを先に使うのがおすすめです。

リンス・コンディショナーには髪の毛をコーティングする成分が入っているので、あとからトリートメント・ヘアパックを使用しても、栄養成分が浸透しにくくなってしまいます。

トリートメント・ヘアパックにはいくつかの種類があります。


洗い流すトリートメント

髪の毛にうるおいを与え、傷んだ髪の毛をケアしてくれる成分が入っているものです。
シャンプーの後、軽く水気を切った髪の毛に塗り、数分おいてから流します。
ダメージがひどい毛先などを中心に使用し、毛穴詰まりの原因となることもあるので、頭皮には塗らないように注意した方がいいです。


洗い流さないトリートメント

髪の毛にうるおいを与え、傷んだ髪の毛をケアしてくれる成分が入っているものです。
洗い流すタイプと違い、お風呂上がりの半乾きの状態、もしくは乾いた髪の毛に使用します。
ダメージが気になる部分を中心に塗り、浸透するように軽くもみこむといいでしょう。
半乾きの場合は、トリートメントを塗ったあとにドライヤーを使用します。


ヘアパック

基本的にトリートメントと同様に、髪の毛にうるおいを与え、ダメージをケアしてくれるものです。
しかし、トリートメントより成分量や濃度が高いものが多いです。
洗い流さないタイプもありますが、ヘアパックとして販売されているものは洗い流すタイプが一般的です。
髪の毛のダメージが気になる方は、トリートメントよりヘアパックを使用するといいのではないでしょうか。

トリートメント・ヘアパックは、含まれている栄養成分をいかに髪の毛の内部に浸透させるかがポイントになります。
洗い流さないタイプを使用する際は、必ずシャンプーで汚れと余分な皮脂を落とします。
塗った後はシャワーキャップや蒸しタオルなどで包み込み5~10分くらい置いてから洗い流すとさらに効果を得ることができます。