ローズマリーの効能・効果

ジメジメした梅雨・ムシ暑い夏は頭皮や毛穴が汚れがち。

出た汗からはアンモニア臭が発生!! 同時にしみ出した皮脂・油は酸化して悪臭・加齢臭を発生させてしまいます。

ローズマリーの持つ消臭・抗酸化作用を最大限に引き出し、ヘッドスパクリームとして誕生しました。 アンチエイジングにヘッドマッサージは欠かせません。

リフトアップ・小顔・消臭・抗酸化作用・ストレス解消・精神安定・育毛・などなど -------------------------------------------------------------

消臭効果や抗菌作用、抗酸化作用があり、肉の鮮度を長持ちさせることからヨーロッパでは古くから肉料理にしばしば使われている。

カレーやポトフ、アイントプフ等のスパイスとして利用される。また、抽出物(精油ではない)には、高い消臭効果があることが知られており、商用消臭剤にもしばしば応用される。

 

 

◆ドイツコミッションEモノグラフ収載ハーブ。炎症抑制効果、血行改善効果があり、外用によりリューマチなどの関節炎、内用では消化不良に対して使用されている。

◆育毛効果:複数のハーブと組み合わせた使用で育毛効果があることが知られているが、これは、5αリダクターゼ阻害作用、血行促進作用、炎症抑制作用などに起因すると考えられる。

◆記憶力を改善する作用:主成分であるカルノシン酸には、神経細胞の維持に重要な役割を果たす神経成長因子の生成を高める効果があることも報告されている。軽度のアルツハイマー型痴呆症患者に対しては症状が改善する可能性のある報告[5]がされている。

◆ロズマリン酸には、花粉症の症状を和らげる作用があることが知られている。

◆カルノシン酸、カルノソールには、生体防御機構を活性化させる作用があり、解毒作用を高める。

◆ローズマリーは、セージとともに他のスパイスに比べて際立って強い抗酸化作用を有している。