髪が細くなってきた

ヘアカラーなどによるダメージで、髪の水分も蒸発しがち。
髪の毛がパサついてしまうのは、髪の水分が蒸発してしまって、水分量が著しく減ってしまっているからなんです。

 

髪の毛の水分量というのは、11~13%程度だといわれています。
この水分量が維持できている状態が、なめらかでツヤのある髪を保っているようです。

日頃のヘアカラーやパーマ、アイロンやドライヤーなどの影響、環境や季節的な要因などもあって365日、潤いとツヤのある髪の水分量を保ち続けるというのは難しいですよね。

髪は水分を失っていくと跳ねやすくなったり、広がりやすくなります。髪の保護膜であるキューティクルも剥がれてくるので枝毛や切れ毛が発生して、見た目にも手触りもパサパサになってしまいます。

ダメージ、乾燥やパサつきを防ぐためのヘアケアとして、「髪の水分量を増やす」、「髪の水分量を維持して守る」という事が、最も大切なことです。

 

 

ダメージ毛は水分を保持する力が無くなっています。

 

保湿というと「水分」を与えればいいと化粧水を振りかけたりする人がいるようですが、乾燥してダメージのある髪というのは、すでにキューティクルが剥がれている状態で、いくら水分を与えても蒸発するだけで効果はありません。



まずは、水分を蒸発させないキューティクルの整った髪に回復させるという事が大切です。



そこで「ヒアルロン酸」の保水力を利用しようと考えました。

 


しかし、ヒアルロン酸は水分を抱き込む力が優れていますが、水分の蒸発は避けられません。

 

つまり、髪につけただけではヘアケアとしての効果は一時的で持続力もなく、あまり得られないのです。

 

安定した水分バランスを保持するためには、その抱き込んだ水分の蒸発を抑える成分が必須となり、セラミド、キトサン、ペリセア、リピジュアなどの(ヒアルロン酸をサポートする成分)を数種類配合して、最も効果的で保湿力の持続する乾燥ダメージケアとして「ヒアロニックローション」が生まれました。