アウトバストリートメントという言葉を耳にしたことはありますか?
日本語にするとお風呂の外という意味で、名前の通りお風呂の外で使うトリートメントです。
洗い流さないトリートメントというと、ピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみに、従来の洗い流すタイプはインバストリートメントと呼ばれるようになりました。
他にも、アフターバストリートメント、トリートメントウォーター、ヘアエッセンス等の色々なネーミングがあります。
洗い流さないことにより成分が長く髪に留まるので効果が持続するのと、気が向いたときにいつでも使えるのがこの洗い流さないトリートメントのポイントです。


オイルタイプ:油分たっぷりで髪をコーティングする効果が高く、髪のダメージをカバーしてツヤが出やすい。ドライヤーの前につけるタイプ。

ミルクタイプ:オイルタイプより髪に馴染みやすく、しっとりした仕上がり。

ジェルタイプ:髪の内部への浸透力に優れていて、保湿効果が高いタイプ。

ミストタイプ:手を汚さずに使うことができ、スタイリングローションとしても使用できる。


種類によって使い心地も違ってきます。自分の髪や目的に合ったものを選んで下さいね。
お風呂に出てから使うことができることから便利なトリートメントですが、注意する点もあります。
まずは、トリートメント剤の量です。アウトバストリートメントには製品によって油分が多く配合されているものもありますのでつけ過ぎには注意が必要です。

また、頭皮には絶対つけないようにして下さい。
頭皮には常に適度な皮脂が出ていますので、余計な油分があると毛穴を塞いだり、頭皮に細菌が繁殖してしまいます。
洗い流すタイプのトリートメントも皮脂に残らないように洗い流すことが大切ですが、洗い流さないトリートメントもこの点については同じです。
皮脂の汚れは臭いや薄毛の原因になってしまいますので、髪にだけ付けてケアして下さいね。