光老化による頭皮と髪への影響


 

紫外線量が最大の夏は、知らず知らずのうちに紫外線によるダメージを溜め込んでしまいがち。

ケアを怠り頭皮や髪を傷めてしまうと、ダメージを増大させてしまいます。頭皮・髪は紫外線からきちんと守りましょう。

紫外線による「光老化」

肌老化の約8割は、紫外線によるものだと言われています。

これは、紫外線が肌細胞に直接ダメージを与えるだけでなく、老化の原因である

酸化を促進させて「光老化」をもたらすため頭皮も肌の一部ですし、髪の表面は肌と同じたんぱく質「ケラチン」でできています。

つまり、紫外線対策は顔や手足などの肌だけでなく、頭皮や髪にも必要なのです。

 

頭皮・髪の光老化を放っておくと……

頭皮は他の皮膚に比べて角質の水分量が少なく、乾燥しやすい傾向にあります。

そこに紫外線が当たると、日焼けによってますます頭皮は乾燥し、皮膚の免疫機能(バリア機能)が低 下。

フケやかゆみなどのトラブルが発生しやすくなります。

また、紫外線を繰り返し浴びると皮膚の表面が硬くなり、徐々に頭皮の弾力が低下して皮膚が老化。髪の成長にも影響を及ぼします。とくに薄毛の人は、毛髪によるガード力が弱いので、より注意が必要です。

また、髪が日焼けするとキューティクルがはがれやすくなり、乾燥しがちになります。

その結果、ツヤやハリが失われたり、切れ毛が増えて見ためのボリュームダウンにつながります。

 

紫外線の刺激によって頭皮や髪の健康状態が崩れると、

・髪表面のキューティクルが壊れ、髪が乾燥しやすくなる(パサつく)

 

・弾力や強度が低下する

・色素や光沢が減少する(ヘアカラーが抜けやすくなる)

・抜け毛や枝毛などの髪トラブルを起こしやすくなる

 

・頭皮の老化や健康状態の悪化によって、頭皮のトラブルが起こりやすくなる

 

・若々しく健康的な髪が生えにくくなる



ダメージを防ぐ髪の紫外線ケア

 

・帽子や日傘で紫外線をカット 帽子や日傘はUVカットの基本。
ただし、帽子は頭皮を蒸らしやすく、頭皮のトラブルを起こしやすいため注意が必要です。 通気性が良いものを選んだり、室内では外したりするなど、「蒸れ」対策を行ないましょう。

 

・分け目を頻繁に変える
頭皮は一番紫外線を浴びやすい部分。いつも分け目が同じだと、その部分ばかりがダメージを受けてしまいます。 こまめに頭皮に変色やトラブルがないかチェックし、分け目を変えるようにしましょう。

 

・お風呂でしっかり洗う 夏は、気温が高まり、皮脂の分泌量も増加します。

そのため、ホコリや花粉が頭皮に付きやすくなります。
こうした汚れは毎日のシャンプーでしっかりと落とすようにしましょう。
また、シャンプーなどが残ってしまうと頭皮トラブルの原因になりますので、しっかりすすぐことも大切です。

 

・シャンプー後のヘアケアを徹底的に
乾燥は肌トラブルの元。シャンプーの後は、アミノミックスPPTプロなどでケラチンケアをして髪の補強を。

ヒアロニックローションやクアエッセンスなどの洗い流さないトリートメントで保湿ケアをおこないましょう。

また、髪を濡れたままにすると雑菌が繁殖しやすくなります。

ドライヤーでしっかり乾かしましょう。

 

・オイルやUVカットスプレーで紫外線をカット
顔や手足に塗る「日焼け止め」と同じはたらきをしてくれるのが、髪の指通りを良くするためのクアエッセンス。
帽子や日傘が使えないときにも便利です。

 

最後に

ぜひ、紫外線ケアで若々しく潤いのある髪をキープしてください。